Click to hide Left Block

こども性とは何か?

『こども性を肯定しよう!』

「こども性」を表す言葉として、「こどもっぽい」「こどもじみた」「こどものような」「こどもらしい」などがあります。

これを言い換えれば、「幼稚な」「稚拙な」「純真な」「穢れのない」などの意味合いにもなります。

「こども性」は、こどもだけの特権ではありません。例えば「こどもじみた真似をするな!」という言い方は、おとなの視点からこどもに向けて、また、時としておとなに対しても使われる場合があります。

このことは、今、現在を生きるこどもの「こども性」と、過去にこどもであったおとなの「こども性」とが、場面や状況に応じて使い分けられ、時としてリンクしていることを意味するのではないでしょうか。

「こどもOS」を読み解くには、この「こども性」を肯定することから始め、さらに、深く突き詰めていくことが必要であるとPDSでは考えています。

こども性の定義

こどものこども性

  • みなぎる活力、あふれる想像力、試す意欲、変わりやすさ など

おとなのこども性

  • こども時代やこどもの振る舞いに対する想いや記憶、遊びゴコロ など

おとな性

  • 客観的観察力、緻密な分析力、広い構想力、持続的解決力 など
←前へ 次へ→

最終更新日: 2008年7月25日(金) 16:12 JST; 62,448 閲覧件数 印刷用画面