プレイフル・デザイン・スタジオ プレイフル・デザイン・スタジオ - プレイフル・デザイン・カードを使ったデザイン発想・ファシリテータ入門ワークショップ
Click to hide Left Block
   

プレイフル・デザイン・カードを使ったデザイン発想・ファシリテータ入門ワークショップ

キッズデザイン協議会「こどもOS研究会」では、長年取り組んできた成果をもとに「プレイフル・デザイン・カード」を使ったデザイン発想を広げるワークショップを開催しました。

今回はデザインの開発現場において、カードを使ったデザイン発想法のファシリテーションができる基本的なスキルを習得することを目指した内容としました。

会場は、富士通デザイン株式会社がこれまでに培ったデザイン開発やICTを使ったサービスデザインなどのノウハウを活用し、ビジョン策定からその具体化までを一貫して体験・研究開発することを目的として、昨年9月に六本木一丁目・アークヒルズサウスタワーに開設されたオープン・イノベーションのため の”場”「HAB-YU platform」をお借りしました。

黒基調で統一された壁面や適度な照度のペンダント照明は、ワークショップを行うときの意識を途切れさせず、しかも、リラックスできる雰囲気を作り出すことに成功しています。

また、直接マーカーで書き込め、プレゼンテーションのときには、取り外して壁に立てかけることもできるテーブルの天板や、椅子にも、ちょっとした物置台にもなる木製ブロック、ワークショップツールがコンパクトにまとめられたワゴンなど、要所要所にワークショップを行う上での工夫がみられる構造になっています。

こどもOSのワークショップは、「発想とは?」という根本的な問いからスタートし、アイスブレイクなどもはさみながら、徐々に「こどもOSの理論」とそれに裏付けられた「情緒的な発想法の仕組み」がわかるような内容構成としました。

今後も、こどもOSの考え方を伝える、このようなワークショップを実施して行きたいと思います。

 

【日 時】 3月20日(金)14:00~17:00

【会 場】 HAB-YU platform(ハブ・ユー・プラットフォーム)東京都港区六本木一丁目4-5 アークヒルズサウスタワー3F

【主 催】 キッズデザイン協議会

【講 師】 大阪府産業デザインセンター 主任研究員 川本誓文(キッズデザイン協議会 こどもOS研究会リーダー)

【対 象】 会員およびキッズデザイン賞受賞企業を主にデザイン、商品企画部門の方、デザインを学ぶ学生など

【定 員】 30名(先着順)

【参加費】 5,000円(キッズデザイン協議会会員は無料)※参加費には、こどもOSの冊子およびプレイフル・デザイン・カード料金を含む。

 

【内 容】

1.こどもOS研究会の紹介

2.論理的発想法と情緒的発想法

3.アイスブレイク

4.アイデア・デザイン発想法の仕組み

5.「こどもOS」とは何か?

6.「こどもOSランゲージ」ができるまで

7.「プレイフル・デザイン・カード」を使った発想プロセス

8.ワークショップでの発想演習

9.グループ発表とまとめ

10.質疑応答・ディスカッション

 

   

   

記事のオプション

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pds.oidc.jp/trackback.php?id=20150325095706528

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
プレイフル・デザイン・カードを使ったデザイン発想・ファシリテータ入門ワークショップ | 0 件のコメント | アカウント登録
コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。