子どもたちの建築デザインー学校・病院・まちづくりー(その4)

2009年6月 5日(金) 22:50 JST

投稿者: kawamoto(oidc)

子どもたちの建築デザイン
著 者: 鈴木 賢一
ISBN:4-540-06245-X

発行所: 農山漁村文化協会

発行日:2006年07月

 2章 子どもと学びの環境—欧米の学校建築に学ぶ— 遊びをせんとや生まれけむ 遊びながら学ぶ よりの抜粋


 

鈴木氏が指摘しているように、こどもたちの育ちの場が少なくなってきているのは事実であり、また、異なる年齢(縦社会)による集団の遊びの機会も減っているようです。

このような社会や地域共同体の変化が及ぼすこどもたちへの影響を調べることは大変重要です。

こどもOS研究会で行う「ぼくらの町のお散歩会!」では、「遊び(=学び)」を通じて「こどもOS」の様々なスタイルを観察・発見するとともに、現代のこどもたちにどのような遊びの場が残されているのか?地域を変えていくつかの小学校とその周囲で調査を行う予定です。

 

タグ:遊びこどもos 学び

コメント (0件)


プレイフル・デザイン・スタジオ
http://pds.oidc.jp/article.php?story=20090505220545275