子どもたちの建築デザインー学校・病院・まちづくりー(その5)

2009年6月 6日(土) 00:14 JST

投稿者: kawamoto(oidc)

子どもたちの建築デザイン
著 者: 鈴木 賢一
ISBN:4-540-06245-X

発行所: 農山漁村文化協会

発行日:2006年07月

 1章 子どもとまちづくり—ワークショップの可能性— まちづくりへのアイドリング まちづくりゲーム—向こう三軒両隣 よりの抜粋


 

おとな(親)とこどもとが一緒にワークショップを行うと、たいていのおとなは良かれと思って「ここはこうした方がいいよ」と助言したり手伝ったりして、こどもたちに構いすぎてしまいます。

こどもOS研究会の場合はさしづめ、「危ないから降りなさい」とか「汚いからやめなさい」という親や教師の目線になるでしょうか。これでは自然な普段の状態でのこどもOSを発見することはできません。

このため、迷いましたが2009年の小学校でのワークショップでは一般参加者の募集をやめ、目標設定と価値観を共有できている「こどもOS研究会」のメンバーが調査研究に当たることになりました。

調査結果はこのサイトや、水都大阪2009の会場で発表いたしますのでお許しとご理解の程、よろしくお願いします。

 

タグ:こどもos

コメント (0件)


プレイフル・デザイン・スタジオ
http://pds.oidc.jp/article.php?story=20090505184636694