自分の中の子ども—谷川俊太郎対談集(その2)

2009年3月 3日(火) 22:00 JST

投稿者: kawamoto(oidc)

自分の中の子ども
著 者: 谷川俊太郎

発行所: 青土社

発行日:1981年10月26日

 I 表現行為と子ども―大江健三郎*谷川俊太郎 子どもの為の表現 よりの抜粋


 

こどもの振舞いを見ていて「こどもOS」に遭遇すると嬉しくなります。でも、こども自身はそれをどう感じているんでしょう。こどもは受け狙いで大人の反応を横目で見ているところもありますし、自分はこどものふりをしてこどもに近づいているんだろうかと自問することもあります。だから、2人が提起する自己矛盾というものをひしひしと感じています。その中で、私が取ろうとしている立場は、大江氏が言われる選択肢の二番目です。こどもの振舞いを見逃さない沈着冷静な大人としての自分は不可欠です。しかし、こどもOSに共鳴するための自分の中のこどもセンサーを研ぎすませておくことも必要です。これから経験を積むべきことは、そうした「こどものスイッチ」をいかに自然体で無意識にONにできるかということでしょうね。

 

タグ:おとなの中のこども性 こどもos

コメント (0件)


プレイフル・デザイン・スタジオ
http://pds.oidc.jp/article.php?story=20081216220049320